簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

1人暮らしにかかる費用はいくら?費用の目安と節約方法をご紹介

  • 公開日:2021年09月29日
  • 執筆者:Looop編集部

電卓とクエスチョンマークの書かれた四角の積み木 電卓とクエスチョンマークの書かれた四角の積み木

進学や就職・転職などのタイミングで1人暮らしを始める方は多いですよね。1人暮らしが初めての場合、どのくらいの費用を準備すれば良いのか悩んでしまうこともあります。そこで、1人暮らしを始めるときに必要な初期費用をはじめ、1人暮らしにかかる毎月の費用相場について解説します。

また、1人暮らしによる費用をできるだけ抑えるために実践できる節約方法についても合わせてご紹介。節約方法は誰にでもできる簡単なものなので、1人暮らし以外の方にもおすすめです。

1人暮らしを始めるときにかかる費用

1人暮らしを始めるには、賃貸契約の初期費用をはじめ、引越し費用、電化製品・家具・生活用品などの購入費用などさまざまな費用がかかります。そこで、生活を始めるのにかかる費用について細かく解説していきます。

賃貸契約時にかかる初期費用

1人暮らしに限らず、部屋を借りるときにはある程度まとまった費用が必要です。一般的に賃貸契約時に必要な費用のことを初期費用といいます。初期費用には、敷金、礼金、仲介手数料などが含まれます。場合によっては保証会社の利用料などが発生する場合もあります。

敷金、礼金、仲介手数料などの金額は物件によってさまざまですが、一般的にだいたい家賃の5~6カ月が相場です。敷金、礼金、仲介手数料など、どの項目にどのくらいの費用がかかるのか細かくチェックしてみましょう。

敷金

敷金は契約のときに支払う費用で一般的に家賃の1~2カ月分が目安です。部屋を借りる方が家主に預けるお金とイメージすると良いでしょう。例えば、家賃が払えなくなったときは敷金から家賃に補填(ほてん)されることがあります。また、借りている部屋の修繕費用や退去するときの原状回復費用などに使われることも。家賃を滞納していない場合や、部屋の修理が必要ないときには退去時に必要な費用を差し引いて敷金が戻ってくる場合もあります。

礼金

礼金も契約のときに支払う費用で一般的に家賃の1~2カ月分を支払います。部屋を借りる方が家主に対して「お礼」として支払う費用なので、退去時に戻ってくることはありません。住宅が不足していた時代の慣習の名残りといわれていますが、最近では礼金なし物件や交渉次第で礼金がなしになるケースも増えています。

仲介手数料

賃貸物件を探して借りるまでには不動産会社を通すケースがほとんどです。仲介手数料は不動産会社への対価として部屋を借りる方や家主が支払う手数料です。借りる側が支払う仲介手数料の費用の上限は家賃の0.5カ月分+消費税と決まっているので、家賃の0.5カ月分を目安にすると良いでしょう。不動産会社によっては仲介手数料を無料にしてくれたり、半額程度で対応してくれたりするケースがあります。
ただし、この上限は借りる側の承諾がない場合。つまり、0.5カ月分以上の仲介手数料に承諾してしまうとその分を支払わないといけません。契約時には仲介手数料の金額を確認するようにしてみましょう。

その他の費用

賃貸契約の初期費用は、敷金・礼金・仲介手数料が一般的ですが、物件によっては下記のような費用が初期費用として発生することもあります。うっかり見落とすと突然の費用に驚いてしまうので、契約時には以下のような項目が含まれていないか必ずチェックしておきましょう。

発生することがある初期費用
前家賃 部屋の契約月の翌月1カ月分の家賃と管理費を前もって払う費用
日割り家賃 部屋の契約日から月末までの家賃と管理費を日割りで払う費用
保証料 連帯保証人や保証人がいない場合に、保証会社を利用する場合にかかる費用。一般的に、家賃の0.5~1カ月程度の費用が目安。
鍵の交換費用 鍵の交換費用。一般的には1~2万円程度。防犯性の高いディンプルキーなどは1万5千円~2万円程度かかることもある。
火災保険料 損害保険に加入するために支払う費用。一般的には1~2万円程度。火災・水漏れ・地震などで建物や部屋の中のものが被害を受ける場合に供えることができる。

※出典:アパマンショップ

引越しの費用

業者に引越しを依頼するときにかかる費用です。引越しの費用は、荷物の量はもちろんのこと移動距離、引越しする時期によって料金が変動します。1人暮らしの一般的な引越し費用の相場は3~6万円程度。移動距離が遠くなるほど費用がかかり、200kmを超えると高額になるケースが多いようです。

また、引越しが多い3~4月や土日は費用が高くなります。費用を抑えたいときは引越しが多いシーズンを避けたり平日に引越しをしたりするのがおすすめです。

家電・家具・生活用品の購入費用

生活するためには最低限の電化製品、家具、生活用品などが必要になります。実家にあるものを持っていく方や電化製品や家具付きの部屋に住む方もいますが、ほとんどの場合は新しく買いそろえることが多いようです。電化製品や家具のグレードによって費用は大きく変わりますが、10~20万円程度を目安にすると良いでしょう。

1人暮らしで毎月かかる費用

紙幣と電卓とペンとカレンダー 紙幣と電卓とペンとカレンダー

1人暮らしを始めるには、多くの初期費用がかかることがわかりました。しかし、生活が始まると毎月かかる費用も発生します。ここでは家賃などを除く生活費にかかる費用について細かくチェックしていきましょう。

1カ月の生活費の相場

家賃を除く1人暮らしをしている方の生活費の平均相場は1カ月あたり13~16万円程度といわれています。内訳は、食費、水道光熱費、通信費、交通費、交際・娯楽費、被服費、日用品・雑費、貯金などです。事前に調整や予測ができない医療費や冠婚葬祭費など突発的な費用が発生することもあります。

自炊派・外食派などの食生活の違い、洋服や美容代にかける金額の差、通勤・通学による交通費などで生活費の相場は大きく変わります。ここでは一般的に共通する生活費の内訳をチェックしてみましょう。

1カ月の食費の目安

自炊にかかる費用、外食費、飲み物代などの飲食にかかる費用を指します。コンビニや自動販売機で飲み物を買ったり、カフェでお茶をする費用なども含まれるので注意が必要です。また、普段からお酒を飲む方は酒代も含まれるので食費が高くなります。自炊に使用する調味料なども食費に含まれます。一般的に食費の1カ月あたりの相場は3~4.5万円程度です。

1カ月の水道光熱費の目安

水道光熱費とは、電気料金、ガス料金、水道料金のことを指します。生活スタイルはもちろんのこと、契約会社やプランによっても費用差が出ます。寒冷地に住む方や暑い地域に住む方はエアコンの使用率が高いので、ほかの地域の方に比べて光熱費が高い傾向があります。1人暮らしの水道光熱費として、一般的に電気料金の平均相場は3,000~6,000円、ガス料金の平均相場は5,000円以内、水道料金の平均相場は3,000円以内程度のようです。

1カ月の通信費の目安

通信費とは、固定電話の費用、携帯電話・スマートフォンの費用、インターネットやWi-Fiにかかる費用のことを指します。1人暮らしの通信費の費用相場は7,000~15,000円程度です。価格差が出やすいのはスマートフォンの費用。格安スマートフォンやプランの違いによって数千円の差が出ます。インターネットやWi-Fiの契約も固定電話やスマートフォンのプランとセットにすれば安くなることもあります。

1人暮らしの家賃の目安

1人暮らしを始めるにあたり、支出の大きな割合を占めるのが家賃といえるでしょう。何を基準に家賃の目安を考えれば良いのか、住む場所によって費用に大きな差があるのかなど気になることは多いですよね。ここでは家賃基準の目安や地域別家賃の平均目安についてご紹介します。

手取り収入の3分の1が目安

1人暮らしの家賃の目安は、手取り収入の3分の1程度が好ましいといわれています。手取り収入とは健康保険料や厚生年金保険料などが差し引かれた後、実際に自分の口座に振り込まれる金額です。例えば手取り収入が18万円の場合、家賃の目安は6万円になります。見落としがちなのが管理費や駐車場・駐輪場代。家賃、管理費、駐車場や駐輪場代を含めた金額が手取り収入の3分の1程度になるように抑えると無理がないでしょう。

地域別家賃の平均目安

東京都は家賃が高いというイメージがありますが、全国賃貸ビジネス協会が2021年1月に行った調査によると、実際に東京都は47都道府県の中で家賃の平均値が最も高いという結果になりました。1部屋を基準として考えた場合、全国平均が約5万円なのに対して、東京都は約6.8万円です。神奈川県の約5.8万円、大阪府の約5.5万円なども全国平均より高い傾向があります。(※1)

賃貸物件を探すときは、希望の条件に合った物件を探すことを前提にすると、家賃が手取り収入の3分の1を超えると節約しても生活が厳しくなります。家賃が高いときは、通勤・通学のしやすさや交通費を考え、可能であれば家賃が安い地域で部屋を探すのもおすすめです。 ※1 出典:全国家賃動向|全国賃貸ビジネス協会

毎月の生活費を抑える方法

グラフの書かれた紙の上に貨幣が積まれている写真 グラフの書かれた紙の上に貨幣が積まれている写真

生活していれば思いがけない病気やケガなどの支出、電化製品の故障による買い替えなど突発的な支出が必要になることがあります。何が起こっても慌てないように少しでも節約して将来に備えたいですよね。そこで、毎月かかる生活費を抑える方法や節約テクニックについてご紹介します。

食費を抑える

食費は家賃の次に支出の割合が多い生活費です。カフェを利用して1杯数百円の飲み物を注文する、ペットボトル飲料を1日に数回購入するのに比べ、自分で飲み物を準備してマイボトルを持ち歩くだけでかなりの節約になります。お酒を飲む方はお酒の量を控えたり、休肝日を作ったりするのも良いでしょう。

外食の回数を減らして自炊にするだけでも節約効果があります。食費は、ほかの費用に比べて野菜の高騰などによる価格変動が起こりやすいという特徴もあります。旬の安い食材やお買い得の食材を使って上手に調理すれば自炊費用をかなり抑えられます。

食品が安いときに購入して作り置きし、冷凍しておくと食費だけではなく水道光熱費の節約にもなるのでおすすめ。まずは普段の食費の内訳を知ることが大切です。何にどのくらいの費用をかけているのかをチェックして、節約できる部分を見つけましょう。

交際費や娯楽費は使いすぎに気をつける

友人や恋人とお茶や飲みに行くなどの交際費、趣味や映画・書籍・音楽などの娯楽費は事前に予算やルールを決めておかないと使いすぎてしまう傾向があります。家賃や生活費などを差し引き、1カ月あたりどのくらいの交際費や娯楽費が使えるかを事前に決めておきましょう。

最近では月額制の動画・書籍・音楽などサービスがあります。見放題、読み放題、聴き放題になるので、自分に合ったサービスを利用するのもおすすめです。

通信費のプランを見直す

携帯電話やスマートフォンの契約先や料金プランの変更は複雑なので、初めに契約したまま変更していないという方は意外と多いようです。また、契約当初にお得になるのでオプションをつけたまま外し忘れていることもあります。格安スマートフォンに乗り換える、プランを変更する、不要なオプションは解約するなどの見直しでかなり費用を抑えられます。

また、部屋を選ぶときにインターネット環境が整っている物件を選ぶのもおすすめ。最近はアパートやマンションの共有部分に回線工事がされたインターネット無料物件があります。通信費の節約になるのでおすすめです。

水道光熱費を節約する

水道光熱費は日ごろのちょっとした習慣を見直すことで節約できる場合があります。例えば、水を出しっぱなしにしながら歯を磨いたり顔を洗ったりする、ほとんど見ていないのにテレビをつけっぱなしにしながらスマートフォンでゲームをするなど。水道をこまめに止める、使わないときは電気を切るだけでも節約になります。

また、待機電力をカットするのも節電効果があります。待機電力とは、電化製品などの電源がオフになっている場合でも消費される電力のことを指します。パソコンやドライヤーなどは使うときにコンセントを入れるようにするのがおすすめです。

また、電気やガスの契約会社や契約内容を見直すことで節約できることも。電気とガスをセットで契約したり、生活に合ったプランに変更したりすることで水道光熱費を抑えることができます。

光熱費の見直しならLooopでんきがおすすめ

生活するには目に見えない費用が多く、1人暮らしをして驚くこともあるでしょう。手取り収入に見合った物件に住み、毎月の生活費を抑えれば少しは余裕も出てきます。節約は使いすぎない、悪い習慣を見直すだけでも十分な効果があります。しかし、使い方を変えることなく通信費や光熱費の契約会社やプランを見直すだけで節約効果があるのも見逃せません。

「Looopでんき」は基本料金も解約金も0円。使った電力量に応じて支払うだけのお得でシンプルなプランが評価されています。さらに、関東エリア限定の電気とガスをセットで契約できる「Looopでんき+ガス」というお得なプランもあります(※)。まずは、どれだけ料金がお得になるかをシミュレーションをしてみましょう。

電気料金がいくら安くなるかシミュレーションしてみる
※ 東京ガス株式会社の「東京地区等」に位置づけられる区域(日立市を除く)のみの提供となります。

おすすめ記事

PAGE TOP