記事をシェアする

近年は電気代の値上げが社会問題化しており、今後も値上げが続くのか不安になっている方もいるでしょう。電気代が高騰する理由や節電方法を理解すれば、賢く値上げに対応することが可能です。電気代の値上げの原因と対処法について詳しく解説します。

電気代の内訳

電気代はいくつかの要素で構成されています。電気代の値上げについて知る前に、まずは電気代の内訳を理解しておきましょう。

基本料金

電気代の内訳の中で、毎月発生する固定料金が「基本料金」です。大半の電力会社が基本料金を設定しており、契約プランや契約アンペア数に応じて料金が異なります。

毎月の電気使用量が少ない場合、契約アンペア数を下げれば基本料金を安く抑えることが可能です。ただし、契約アンペア数を下げすぎると、頻繁にブレーカーが落ちる事態になるでしょう。

基本料金が設定されていない電力会社でも、基本料金の代わりに最低料金を設けているのが一般的です。電気代の内訳を見る場合、まずは基本料金や最低料金をチェックしましょう。

電力量料金

「電力量料金」とは、電気使用量に応じて金額が変わる従量課金型の料金です。電力会社やプランごとに電力量料金単価が設定され、単価に電気使用量を掛けて電力量料金が算出されます。

単価と電力量料金がわかれば、自宅の電気使用量の確認も可能です。

多くの電力会社で3段階料金制度が採用されており、電気使用量が一定量を超えた場合、電力量料金単価が上がります。電気使用量が多くなるほど、電気代が割高になっていく仕組みです。

時間帯によって電力量料金が割安になるケースがある点も覚えておきましょう。多くの電力会社で、夜間や早朝の時間帯の電力量料金が安くなるプランが用意されています。

燃料費調整額

石油・LNG・石炭など、発電にかかる燃料コストを電気料金に反映したものが「燃料費調整額」です。電力量料金に組み込まれています。

燃料コストの価格は時期や燃料の種類に左右されるため、燃料費調整額も一定ではありません。各月分の燃料費調整額は、過去3カ月間の燃料価格の平均から算出され、2カ月後の電力量料金に反映されます。

燃料コストが上がれば燃料費調整額は上がり、燃料コストが値下げされた場合は下方修正になるケースもあります。

ただし近年は、燃料費調整額がなかなか下がらないのが実情です。

燃料費調整額についてもっと詳しく知りたい方はこちら

再生可能エネルギー発電促進賦課金

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは、再生可能エネルギーで発電された電気を買い取るために課されているお金のことです。

太陽光・風力・地熱といった再生可能エネルギーで発電した電気は、一定期間に一定の価格で電力会社が買い取ります。買い取られた再生可能エネルギーの電気は、普段使っている電気の一部ですから、電気料金として支払う決まりとなっています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金は、電気代として徴収された後、電力会社を通じて国の指定機関に支払われています。単価は経済産業大臣が毎年度決定しており、全国一律です。

電気の買取についてもっと詳しく知りたい方はこちら

【2022年】直近にある電気代の値上げは?

半導体不足や円安の影響で原材料の価格が高騰している中、近年は電気代の値上がりも大きな社会問題となっています。

2022年9月時点での電気代の値上げ事情を見ていきましょう。

大手10社の燃料費調整額が上限値に

電力大手10社が2022年10月分の電気料金を発表し、10社すべての燃料費調整額の算定に用いられる価格が上限に達したことが明らかになりました。

電力大手10社とは、電力小売自由化が始まる前に各地域を管轄していた電力会社のことです。北海道電力・東北電力・北陸電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力を指します。

大手電力会社の家庭向けの電気料金には、値上げ時に経済産業省への申請が必要な「規制料金」と、電力自由化後に設けられ、各社の判断で値上げが可能な「自由料金」の二種類があります。

今回、報じられているのは規制料金の燃料費調整にかかる上限のことです。

今後も値上げは続く?いつまで?

電力大手10社の規制電気料金の燃料費調整額が上限に達したからといって、今後の値上がりがないとは限りません。各電力会社で基本料金や従量料金の単価が見直される可能性は十分にあります。

電気料金の値上がりが続くと考えられる理由の1つが、CO2排出量削減の影響です。石炭や石油よりCO2排出量の少ない天然ガスは、中国を中心に今後も需要が高まり、価格が高騰すると予想されます。

国内の電力供給力不足も、電気料金の値上げにつながる原因です。原発や火力発電所が再開されれば電力供給が増え、値上がりは落ち着くと考えられるでしょう。ただし、原発や火力発電所の再稼働にはさまざまな課題があるのも実情です。

電気代が値上げされる原因

電気代が値上げになる背景には、どのような事情があるのでしょうか。近年の電気代高騰の主な原因について解説します。

燃料費調整額の値上げ

電気代が値上げされる原因の1つに「燃料費調整額の値上げ」があります。発電にかかる燃料コストがさまざまな理由で上昇し、燃料費調整額の値上げにつながるのです。

現在の日本における電源構成は火力発電が大半を占めており、石油・LNG・石炭といった火力発電に必要な燃料は輸入に頼っているのが実情です。

燃料価格が高騰すると燃料費調整額も上昇し、電気代も高くなります。燃料費調整額の値上げが続けば、上限が解除されたプランは値上がりしていく可能性があります。

再生可能エネルギー発電促進賦課金の値上げ

再生可能エネルギー発電促進賦課金も、電気代の値上げに影響している要素の1つです。2012年に導入されて以降、再生可能エネルギー発電促進賦課金は毎年上昇を続けています。

産業用太陽光発電の買い取り期間が20年間に設定されていることから、再生可能エネルギー発電促進賦課金の徴収は、2040年頃までは少なくとも続き、遅れて稼働した発電所の分も考慮するとそれ以後も続くでしょう。

再生可能エネルギー発電促進賦課金の値上げも2030年までは続くと予想されているため、ほかの要素が値上がりしなくても、賦課金の影響で電気代の値上がりが続く可能性があります。

世界情勢の影響

現在の日本における電源構成は火力発電が大半を占めており、石油・LNG・石炭といった火力発電に必要な燃料は輸入に頼っているのが実情です。

世界情勢の影響で燃料価格が高騰すると、電気料金の一部である燃料費調整額が上昇し、電気を利用する方の負担が増加します。

近年、燃料コストの上昇に大きな影響を与えているのが、2022年2月に発生したロシアによるウクライナ侵攻です。2021年より上昇傾向にあったLNGの市場価格がさらに跳ね上がり、燃料価格が高騰しました。

2022年5月には、日本がロシアへの経済制裁としてロシア産石油の原則禁輸に踏み切りました。これが発電コストの上昇を引き起こし、電気料金の値上がりにつながっています。

電気代を使いすぎていないかチェックする方法

自宅の電気代が高いのかどうかわからない場合は、以下に挙げる方法でチェックしてみましょう。電気代は季節により大きな差が出やすい点も、覚えておく必要があります。

平均の電気料金を確認する

電気代を使いすぎていないか確かめたい場合は、電気代の平均と比較してみるのがおすすめです。総務省統計局による「家計調査」を見ると、2人以上世帯の電気代の平均がわかります。

2021年度における2人以上世帯の電気代の平均は10,868円です。なお、ガス代の平均は4,855円、上下水道料金の平均は5,365円となっています。光熱・水道費の平均は22,394円です。

自宅の電気代の年間平均を計算し、10,868円を超えているようなら、全国平均より電気代が高いと判断できます。平均を極端に上回っている場合は、電気代を抑える方法を考える必要があるでしょう。

※出典:総務省統計局「家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 表番号6-1 用途分類による1世帯当たり1か月間の収入と支出及び対前年増減率」

季節によって異なる点も意識して

電気代は季節によっても大きく変動します。真夏や真冬など電気使用量が極端に増える時期の電気代は、平均と比べないようにしましょう。

電気代が高くなりやすい時期は、地域によっても異なります。大半の地域では夏と冬の電気代が高くなりやすく、夏より冬の電気代が高くなりがちです。

季節ごとの電気代を考える際は、節約より健康を考えるべき時期があることも意識しましょう。

特に、真夏にエアコンを止めると熱中症になる恐れがあるため、節電より室内の温度を下げることを優先する必要があります。

電気代を抑える方法【基本編】

電気代を抑えるための基本的な方法を紹介します。どのような家庭であっても実践できるため、まずは基本的な節電方法を試してみましょう。

電気の使用量をチェックする

節電に取り組もうとする場合、まずは普段の生活で使っている電気の使用量を確かめましょう。電気使用量が明確になれば、節電の際に具体的な数値目標を決めやすくなります。

毎月の電気使用量は「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」で確認可能です。検針票が発行されていない場合、希望すれば有料で発行してもらえます。

東京電力EP「くらしTEPCO web」、関西電力「はぴeみる電」など、各電力会社の会員向けマイページで毎月の電気使用量が分かるようになっています。

古い電化製品を使い続けない

電気代を抑える方法の1つに、古い電化製品を使い続けないことが挙げられます。長く使い続けている電化製品は部品や機能が劣化しているため、電力を余計に消費しやすくなっているのです。

電化製品の省エネ性能が年々向上している事実も覚えておきましょう。近年の電化製品は消費電力を抑えられるように作られており、古いものを買い替えても長い目で見ればお得です。

大型電化製品の買い替え周期は10年前後とされています。保証期間も10年に設定されているものが多いため、10年以上使っているエアコンや冷蔵庫は、節電のためにも早期の買い替えを検討しましょう。

暖房器具は適切な場所に据える

暖房器具にはさまざまな種類があり、それぞれを適切に使わなければ暖房効果を最大化できない恐れがあります。部屋のタイプや目的に合わせて使うことが大切です。

例えば、広い部屋の全体を暖かくしたい場合はエアコン、狭い場所の全体を暖めたい場合はファンヒーターやオイルヒーターが適しています。暖めたいスポットが決まっているなら、ホットカーペットや電気毛布が向いているでしょう。

ファンヒーターは窓際に置くことで、窓からの冷気をすぐに暖められるため暖房効果を高めやすくなります。湿度が上がると体感温度も上がるため、暖房器具と加湿器を併用するのもおすすめです。

窓の断熱対策もおすすめ

暑い時期や寒い時期は、窓から入る外気温により冷暖房器具の効きが悪くなる場合があります。暑さや寒さの遮断を電化製品だけに頼ると、余計な電力を使ってしまう事態にもなりかねません。

窓に断熱対策を施すことで、室内の温度を適温に保ちやすくなるでしょう。夏場に太陽の熱を反射して室内の温度上昇を抑えてくれる遮熱カーテンを使うのもおすすめです。

遮熱カーテンは夏だけでなく、冬場に室内の暖気を逃がしにくくする効果も期待できます。遮熱カーテンが入手できない場合は、厚手のカーテンでも窓の断熱対策に効果があります。

電気代を抑える方法【電化製品編】

電化製品の使い方を見直すことでも、節電につなげられます。実践しやすい節電方法を電化製品ごとに見ていきましょう。

冷蔵庫のエコな使い方

冷蔵庫で節電するポイントは、庫内の温度をできるだけ低い状態に保つことです。扉を開ける時間が長いと庫内の温度が上がってしまうため、扉を開けたらできるだけ早く閉めましょう。

庫内の中身を詰め込みすぎないことも重要です。中身が多すぎると冷気の流れが悪くなります。ただし、冷凍庫は凍ったもの同士で冷やし合うことで冷凍効果が高まるため、逆にぎっしりと詰め込むのがおすすめです。

冷蔵庫の背面を壁に近づけすぎると、放熱しにくくなって電力消費量が増えてしまいます。背面と壁の間は5cm程度のすき間を空け、熱を逃がしやすくしておきましょう。

エアコンのエコな使い方

エアコンのフィルターにホコリが詰まっている場合、冷暖房の効きが悪くなり、設定温度になるまでに余分な電力を使ってしまいます。フィルターは定期的に掃除しましょう。

すだれやタープなどのアイテムを活用して日陰を作れば、窓からの熱を遮断できるため冷房効果を最大化できます。サーキュレーターを併用して冷気を循環させ、室内の温度をキープしやすくするのも効果的です。

また、室外機の周囲もチェックしてみましょう。物が置いてあると熱交換率が下がって冷暖房効果が悪くなります。夏場に太陽光が室外機に直接当たる場合は、日よけを使うのもおすすめです。

照明のエコな使い方

照明器具を長期間見直していない場合は、白熱電球や蛍光灯を使っているケースが多いでしょう。LED電球に交換するだけで、消費電力量は大幅にカットできます。LED電球は初期費用こそかかるものの、長い目で見ればお得です。

だれもいない部屋の照明や使う必要がない照明は、小まめに消す習慣をつけましょう。明るさを調節できる照明を使っているなら、必要以上に明るくしすぎないことも重要です。

照明器具のかさやランプが汚れていると、本来の明るさを発揮できません。特にキッチンの照明は汚れやすいため、定期的に掃除して明るさをキープしましょう。

テレビのエコな使い方

テレビの電源をリモコンのみでオフにすると、使っていない間も待機電力が消費されていきます。テレビを見ない間は主電源を切り、待機電力の削減を意識しましょう。

画面の明るさも節電に関係する要素の1つです。テレビ画面が明るいほど電力を使うため、部屋の明るさに合わせて画面を適切な明るさに調整すると、無駄な電力をカットできます。

各テレビについている省エネ機能も活用しましょう。近年のテレビには、電源の切り忘れを予防できるエコ機能が搭載されているモデルもあります。

電気代を抑える方法【電気契約編】

電力会社との契約内容を見直すことで、電気代の節約につながる可能性があります。契約内容で見るべきポイントを押さえておきましょう。

契約プランの見直し

自宅の電気を使う時間帯に偏りがある場合は、契約プランの見直しで電気を節約できることがあります。特定の時間帯に割引があるプランが提供されていないか調べてみましょう。

日中に自宅にいないことが多いケースでは、夜間から早朝にかけての電気代が安くなるプランがおすすめです。午前中に家事を済ませる場合は、朝方の割引プランを選ぶとよいでしょう。

時間帯で電気代が変わるプランに変更する際は、電気代が高くなる時間帯がある点に注意が必要です。ライフスタイルが変わった場合には、再度プランの見直しを行いましょう。

契約アンペアの見直し

電気代の基本料金は、契約アンペア数を下げることで安くなる可能性もあります。自宅の電気使用量を把握した上で、契約アンペア数が高すぎないか確かめてみましょう。

ただし、契約アンペア数が低すぎる場合、電化製品の使い方次第では頻繁にブレーカーが落ちてしまいます。自宅の最大電気使用量に合わせたアンペア数を選ぶことが重要です。

1人暮らしで電気使用量が少ないケースでは20~30A、家族や電化製品が多く電気使用量が増えやすい場合は40~60Aを目安にするとよいでしょう。

支払い方法も要確認

電気代の主な支払い方法は、口座振替・クレジットカード払い・振込の3種類です。このうち、振込用紙を使って電気代を支払っている場合、用紙の発行に料金が徴収されている可能性があります。

クレジットカード払いに変更すれば、ポイント還元を受けられるケースが多いためお得です。

近年は、スマホ決済アプリを使える事業者も増えているため、ポイント還元を意識して支払い方法を選びましょう。

ポイント還元率は0.5~1.0%が一般的ですが、クレジットカードやスマホ決済アプリの種類によっては、1.5%以上のポイント還元を受けられるケースもあります。

電気代を抑える方法【電力会社の乗り換え編】

電力小売自由化により、現在は新電力を含めて電力会社を自由に選べるようになっています。電力会社の乗り換えで節電する方法を見ていきましょう。

電気料金を比較する

電気代を抑える方法としては、電力会社の乗り換えを検討するのもおすすめです。

大幅に安くなる電力会社に乗り換えられれば、電気の使い方を考えなくても手っ取り早く電気代を節約することが可能です。

電力小売自由化以降、数多くの電力会社が参入しており、電力会社ごとに提供しているプランは多種多様です。電力会社を切り替えたことで料金がどう変化するか、できるだけ細かくチェックしましょう。

基本料金・電力量料金・その他の料金を確認し、現状の電気代より安くならなければ乗り換えの意味がありません。ライフスタイルに合った時間帯別料金プランの有無も確かめましょう。

サービス内容・契約後のフォロー体制

電力会社の乗り換えを検討する際は、電気料金だけでなくサービス内容も比較しましょう。電力会社ごとにさまざまなサービスが提供されており、中には電気料金の安さ以上にメリットを感じられるサービスもあります。

付帯サービスによるメリットは家庭により異なるため、自分に最適なサービスを受けられるプランを探してみましょう。電気料金とサービス内容を併せて満足度が高いプランを選ぶのがおすすめです。

契約後のフォロー体制が充実しているかを確認することも大切です。万全なフォロー体制が敷かれている電力会社なら、契約後のトラブルに対する不安を払拭できます。

エコの面も意識する

日本における発電方法の主流である火力発電は、大気汚染や森林破壊の原因となる温室効果ガスを大量に排出しています。電力会社を乗り換える際は、どのような発電方法なのかもチェックしましょう。

各電力会社が公開している電源構成情報を見れば、採用している発電方法の割合がわかります。エコの面を意識するなら、再生可能エネルギー発電の割合が大きい電力会社を選びましょう。

電源構成と併せて二酸化炭素排出係数も確認すれば、より環境に配慮した電力会社を探しやすくなります。将来的には火力発電の縮小も考えられるため、今のうちからエコを重視して電力会社を決めておくのがおすすめです。

エネルギー問題についてもっと詳しく知りたい方はこちら

電力会社を切り替える方法

現状の電力会社から新しい電力会社に切り替える方法について解説します。手続きをスムーズに進めるためにも、切り替えの大まかな流れを知っておきましょう。

電力会社へ申し込み

新しく契約したい電力会社が決まったら、まずは電力会社に契約の申し込みを行う必要があります。所定の手続きに従って申し込みをしましょう。

これまで使っていた電力会社の解約手続きは、新しく契約する電力会社が代行してくれるのが一般的です。基本的には、わざわざ既存の電力会社に連絡を入れる必要はありません。

電力会社を切り替える際は、契約期間や条件面などを隅々まできちんと読み込んでおきましょう。担当者と一度じっくりと話をすれば、ホームページだけではわからない項目も確認できます。

電力会社を切り替える際は、24時間お申し込みが可能なオンライン経由がおすすめです。

電力会社によっては、申し込みの段階で支払い方法の詳細な記入を求められるため、クレジットカード払いを希望する場合はカードを用意しておきましょう。

新しい電力会社との契約開始

新しい電力会社へのお申し込みを行った後は、切り替えの手続きが進められ、新規契約がスタートします。切り替えにあたって、旧契約の電力会社へ解約の連絡する必要はありません。

また、切り替えのタイミングで電気の供給が止まることはなく、今まで通りに電気を使うことが可能です。

契約が切り替わった日については、新しく契約した電力会社からお知らせがあります。

大手以外の電力会社「Looopでんき」の魅力

電力会社の切り替えで新電力を選ぶなら、Looopでんきにするのがおすすめです。どのような点が他社と異なるのか、Looopでんきの魅力を紹介します。

基本料金が無料

Looopでんきは一般家庭向けプランの基本料金がかかりません。

多くの電力会社では基本料金や最低料金が設定されているため、Looopでんきに切り替えるだけで基本料金分を節約できます。

基本料金があるプランでは、電気をほとんど使っていない月も基本料金を支払わなければなりません。一方、基本料金がない場合は、使った電気の分のみ電気代が請求されます。

自宅を空けることが多い方や、使用頻度が少ない別荘・セカンドハウスを所有している方にとっては、使った電気の分のみ支払えばよいLooopでんきが向いているでしょう。

解約手数料・契約期限の制限なし

Looopでんきでは契約時に手数料(初期費用)が発生しません。契約後に支払うのは毎月使った分の電気代のみです。

契約期間は供給開始日から1年間(1年ごとの自動更新)となっていますが、期間内に解約しても解約手数料は不要です。利用を止めたいタイミングでいつでも解約できます。

契約期間の縛りや解約手数料がないため、とりあえずお試しで使ってみたいケースでも、気軽にご利用いただけます。
新電力を試してみたいと思っていても、気になる新電力会社のプランで契約手数料や解約金がかかることで申し込みを躊躇しているのであれば、Looopでんきを試してみてはいかがでしょうか。

再生可能エネルギーの普及を目指す電力会社

Looopでんきを提供している株式会社Looopは、太陽光発電を設置するボランティア活動から創業しました。再生可能エネルギーがより普及すれば、日本の電気料金は下げられるという思いで活動を進めています。

大手電力会社と同様に電気の安定供給を受けられる点も、Looopでんきのメリットです。Looopでんきに切り替えたからといって、停電が増えるようなことはありません。

電気の値上げに賢く対応していこう

電気代は近年において最も高い水準まで値上げされており、今後もさらなる値上げが予想されます。家計の負担を増やさないためには、電気の値上げに賢く対応していくことが重要です。

家電製品の使い方を見直したり電力会社を切り替えたりすれば、電気代を安く抑えられるでしょう。特に電力会社の切り替えは、大きな節約につながる可能性があります。

Looopでんきでは、市場価格に合わせて電気料金が変わる「スマートタイムONE」を提供しています。

※現在、Looopでんきへの新規お申し込みを一時停止させていただいています。

ご自宅で電気を使用するタイミングを工夫したり、使用量を調整したりすれば電気料金の節約につながります。これを「ピークシフト」や「ピークカット」と呼びます。

以下は、ピークシフト・ピークカットの取り入れ方の例です。

  • 電気料金が安い時間帯に「電化製品を使用する家事」を済ませる
  • タイマー機能の付いた洗濯機や食洗機などを導入し、電気料金が安い時間帯を狙って稼働させる
  • 電気料金が高い時間帯には、外出を楽しむ
まずは、市場連動型のプランを無理なく生活サイクルへ取り入れられるかどうかイメージしてみてはいかがでしょうか。