簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

電気料金の比較は節約の第一歩!最適なプランを選ぶポイント

  • 公開日:2021年3月31日
  • 執筆者:Looop編集部

電卓と財布の写真 電卓と財布の写真

生活していく上で欠かせない支出の一つが電気料金です。2016年に電力小売の全面自由化が実現したことで、契約する電力会社やプランの選択肢が増え、選び方次第でかなりの節約になることも珍しくありません。

とはいえ、どの電力会社やプランを選べばよいのかについては、世帯人数や電気の使い方によって違ってきます。最適なプランを選ぶためには電気料金の比較をすることも重要です。

この記事では電気料金に関する基本的な情報とともに、電力会社や料金プランを比較するポイントについても詳しく解説しますので参考にしてください。

電気料金はどうやって決まる?

電気料金はどうやって決まる? 電気料金はどうやって決まる?

毎月請求される電気料金はいくつかの要素を合計して算出されています。一般的には「基本料金(最低料金)」+「電力量料金」+「燃料調整費」+「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」です。基本料金は契約容量によって定められているため、月によって変わることはありません。

電力量料金はプランごとに設定された料金単価に1カ月の使用電力量をかけて算出します。電気を多く使用すればそれだけ料金も高くなります。

燃料調整費は原油やLNGなど燃料費の価格変動により調整される費用で、変動状況によって加算されたり差し引かれたりします。

再エネ賦課金は、電力会社が風力発電や地熱発電などの再生可能エネルギーを買い取る際、消費者が負担をする費用です。燃料調整費も再エネ賦課金も、定められた単価に1カ月の電力使用量をかけて算出されます。料金の設定は地域や電力会社、プランによって違いがあります。

電力小売自由化によって電力会社やプランを選べるようになった

電力小売自由化が実現する前は、決まった電力会社しかその地域に電気を供給できませんでした。その後、2000年3月にはオフィスビルやデパート、大規模工場などで使用される特別高圧区分の電気が自由化されています。

さらに中小ビルや中小規模の工場が対象になる高圧区分の電力も、2004年4月と2005年4月に相次いで自由化されました。2016年4月には一般家庭でも使用される低圧区分の電力にも領域が拡大し、全面自由化されました。

その結果として業界内では競争が促されました。新規参入業者も含めて多様なプランが提供されるようになり、ご家庭の電力使用状況に応じてお得なプランを自由に選べるようになっています。

多彩な料金プランを打ち出す「新電力」とは?

電力小売自由化に新規参入してきた「新電力」の中には、これまでにはないお得で魅力的な料金プランを打ち出す事業者も多くあります。

また、ガス会社や石油会社、携帯電話の大手キャリア、インターネットプロバイダなど、もともと他の分野で業績を残してきた事業者も含まれており、電気以外のサービスとのセット契約で割引になるプランを提供しているケースがあることも特徴です。

新電力に切り替えると、安定した電気の供給を受けられないのではないかと心配する方もいるかもしれません。しかしどの電力会社と契約したとしても、電気を各ご家庭に供給するための設備や電線はこれまで通りのものが使用されます。

発電量が不足する事態が発生したとしても、その地域にあるほかの電力会社から不足分がカバーされるため、これまでと同様に安定した電気の供給が受けられます。

電気料金プランを比較するポイント

電気料金プランを比較するポイント 電気料金プランを比較するポイント

では実際に契約する電力会社を選ぶ際、どのようなところに注目すればよいのでしょうか。各電力会社では、利用者が魅力に感じるようなさまざまなプランを用意しています。そこでまずは基本となる電気料金について知っておくべき5つのポイントを詳しく説明します。

基本料金(最低料金)

基本料金は「アンペア制」または「最低料金制」のどちらかで計算されていることがほとんどです。アンペア制の契約では、アンペア(A)数ごとに基本料金が設定されています。電力会社によって細かい金額は異なりますが、契約アンペア数が上がるほど基本料金も高くなります。

最低料金制の場合はアンペア契約をする必要がなく、どの家でも一律の最低料金が設定されているところがポイントです。電気を全く使わない月でも、一定の金額が最低料金として発生します。

電力小売自由化後は基本料金が0円のプランや、使用量によって単価がアップすることもなく使った分だけを支払うシンプルなプランも登場しました。料金体系がわかりやすいプランならば電気料金も把握しやすく、電気を多く使うご家庭や別荘のように使う月と使わない月がはっきりしている場合に向いています。

電力量料金(従量料金)

電力量料金は電気の使用量に応じて課金される料金のことで、基本料金に加えて請求されます。 一般的には3段階になっており、使う量が多くなるほど単価が高く設定される仕組みです。

例えば東京電力エナジーパートナーの従量電灯プラン(アンペア制)では、

電力消費量が

  • 0~120kWhの料金単価は税込19.88円
  • 120~300kWhは26.48円
  • 300kWh以上は30.57円

となっています。具体的な例として、1カ月に350kWhの電力を使った場合の電力量料金を計算してみましょう。

計算は3段階に分けて行います。

  • 120kWhまでは19.88円をかけて2,385.6円
  • 2段階目は300から120を引いた180kWh分に26.48円をかけて4,766.4円
  • 3段階目は350から300を引いた50kWh分に50.57円をかけた1,528.5円

これを全部足した合計8,680.5円がこの月の電力量料金になります。

最低料金制の場合も3段階で計算するのは同じですが、最低料金の使用量を差し引いた分だけが電力量料金の計算対象です。
例えば関西電力の従量電灯Aプランでは15kWhの使用までが最低料金として設定されているため、315kWh使用したとすると15kWh分を差し引いた300kWh分を電力量料金として計算します。

時間帯別の電力量料金

生活スタイルは各ご家庭によって違いがあります。例えば単身世帯や夫婦2人の共働き世帯などの場合だと、家にひとのいない日中はほとんど電気を使用せず、夜間に多く使用することになるでしょう。一方で定年を迎えた高齢者夫婦が暮らすご家庭などでは、昼間に電気を使うことが多くなるでしょう。

電力会社ではそのような多彩なニーズに対応するために、時間帯によって電力量料金が変動するプランが用意されています。具体的には夜間の電気料金がお得になるプランや休日の料金がお得なプラン、家事で電気を多く使う朝にお得になるプランなどです。

生活スタイルを考慮し、電気を多く使う時間帯の単価が安くなるプランを選ぶことで大きく電気料金を節約できることもあります。

ほかのサービスとのセット割

電力小売自由化後によってさまざまな事業者が新規参入したことで、電気以外のサービスと電気をセットで契約すれば料金が割引されるプランも登場しました。

電気とガスや携帯、インターネットなどを同じところで契約すれば請求書も1本化され、家計を一括管理できるところもメリットです。なにかあったときの問い合わせ先も1カ所で済むという安心感もあります。

「Looopでんき」では電気とガスにセットで加入することで電気の従量料金が約2%割引になります。セット割を利用すればそれぞれのサービスを単体で契約するより合計額が安くなり、トータルの支出を抑えることが可能です。

年間7,660円もお得!「Looopでんき+ガス」をチェック

長期契約による割引

電気料金の契約には1年割引や2年割引など長期契約することによる割引サービスもあります。長期間継続して利用してもらうために、通常の月契約よりも1カ月の電気料金が安くなるよう設定しています。

契約期間が長いほうが割引率は高くなることが一般的です。契約を変更する予定がないならば、長期契約による割引が受けられるほうが家計にとってはお得です。

ただし長期契約による割引は継続して利用してもらうことが前提となっているため、電力会社によっては期間の満了前に解約した場合に契約解除料などが発生するケースもあります。解約したい場合は余分な支出を避ける意味でも解約のタイミングに注意しなければなりません。ちなみに「Looopでんき」は解約金0円で提供しているため安心です。

電気料金以外にチェックすべきポイント

契約する電力会社を選ぶポイントは電気料金だけではありません。その電力会社がどのように事業を営んでいるのか、どのようなサービスを展開しているのかも重要なチェックポイントです。ここからは電気料金以外に押さえておくべきポイントを解説します。

電力会社の実績・信頼性

新電力はほかの分野で豊富な実績を有するケースも少なくありませんが、電気事業に関してはどの程度の信頼性があるのか見極めが難しいと感じるかもしれません。また電力会社によって技術力や蓄積してきたノウハウ、企業自体の資本力などにも違いがあります。財政状況が悪化すれば倒産するリスクもあるでしょう。

しかし停電のしやすさや停電時の復旧という点では、新電力と大手の電力会社で特に違いはなく、たとえ契約している電力会社が倒産したとしてもすぐに電気がストップすることはありません。万一のときは、東京電力パワーグリッドなどの一般送配電事業者が代わって電気を供給してくれるバックアップのシステムが整っています。

電力会社の実績・信頼性 電力会社の実績・信頼性

使いやすさ・サービス品質

どの電力会社を選んでも電気の品質自体は変わりませんが、サポートの手厚さなどといったサービス面では差があります。利用する電力会社を選ぶ際は提供されているサービスの内容や利用のしやすさも契約するかどうかを決めるポイントです。

例えば、できるだけ簡単な手続きで申し込みができる方が切り替えにあたっての手間がかかりません。マイページやスマートフォンのアプリがあれば、利用状況もリアルタイムで簡単に確認できます。

また、支払い方法の選択肢もチェックしたいポイントの一つです。もともと電気料金の支払いにクレジットカードを使ってポイントをためていた場合は、クレジットカード決済ができるかどうかも重要な判断基準になるでしょう。各ご家庭にとって使いやすく、必要なサービスが整っているところを選ぶようにしましょう。

環境への配慮

世界的に環境問題への意識が高まる昨今では、電力会社が環境への配慮に力を入れているかどうかもチェックしたいポイントです。どの電力会社と契約しても電気の供給が得られることには違いがありませんが、その電気をどうやって調達しているのか、電源構成(発電方法の割合)がどうなっているのかについては各社で異なっています。 石炭や石油、液化天然ガス(LNG)などの化石燃料や原子力に代わり、再生可能エネルギーを活用する電力会社も増えています。再生可能エネルギーの発電所から買い取ったFIT電気(固定価格買取制度によって電気事業者に買い取られた再生可能エネルギー由来の電力)の割合が高くなっている電力会社も増えました。 省エネに努め環境に配慮した生活スタイルを心掛ける方なら、電源構成において再生可能エネルギーの比率が高い電力会社や再生可能エネルギーを活用したプランを選択するのもおすすめです。

電気料金プラン切り替えの流れ

電気料金プランの切り替えは誰でも簡単に手続きできます。特にWebサイトから申し込みができれば店舗に出向く必要もありません。電力会社によって詳細が異なることはありますが、多くの場合数分で申し込みが完了します。

まずは、申し込みをする時点で契約している電力会社から毎月発行されている「電気ご使用量のおしらせ(検針票)」を手元に用意しましょう。電気+ガスがセットのプランに申し込む場合は、ガス会社から発行される「ガスご使用量のおしらせ」も用意しておきます。

切り替え先となる電力会社のホームページ上にある「お申込みフォーム」などを開き、利用している電力会社名やお客様番号などの必要事項を入力することで申し込みは完了です。

旧電力会社や旧ガス会社との間の解約手続きは切り替え先の電力会社が行ってくれるため、申し込み者は解約手続きをする必要がありません。その後はハガキやメールなどで電気やガスの供給日が通知されます。

設置されているのが従来の電力メーターのままである場合は、電気の切り替えに際してスマートメーターに交換する工事が必要です。原則として立ち会いの必要はなく、工事が終了すれば予定の供給日から電気とガスの供給が開始します。

一番安い電気料金プラン・電力会社はどこ?

電気料金は同じ電力会社でも地域によって多少の違いがあります。またご家庭によって電気の使用状況も異なるため、たとえ同じプランを契約していても電気料金が同じになるとは限りません。一番安い電気料金プランや電力会社は人それぞれです。

一人暮らしで昼間はほとんど家におらず、家事で電気を使うことも少ないようなケースと、夫婦2人と子ども2人の4人家族、3世帯同居のご家庭では電気の使い方や使う時間が違うのは当然です。契約する電力会社やプランの変更を考えているのなら、まずは各ご家庭の電気の使い方を見直す必要があります。

その上で料金プランの切り替えを検討するなら、電力会社の提供しているシミュレーションを利用してみるのがおすすめです。電力会社やプランを変更することでどれだけお得になるのかを確認して、よりメリットの大きいプランを選んで手続きを進めましょう。

電気料金プランの切り替えでどれくらい安くなる?

電力小売自由化が実現した1年後の2017年に資源エネルギー庁がまとめた「電力小売全面自由化の進捗情報」によると、新電力の電気料金は平均単価が既存の規制料金より5%安いことが報告されています(※)。

もちろん全てのご家庭で同じように5%安くなるとは限りません。世帯構成や使用状況によって幅が出ることはありますが、切り替えを検討する際の目安にはできるでしょう。

電気料金プランの切り替えでどれくらい安くなる? 電気料金プランの切り替えでどれくらい安くなる?

例えば、Looopでんきのおうちプランなら、東京電力で従量電灯B・40A・520kWh/月利用している3人世帯の場合、年間約1万6,000円安くなります。一般的には電気使用量が大きい世帯ほどメリットを実感しやすく、継続して利用すれば大きな違いが出てくるでしょう。特に長年電気料金の見直しをしたことがなかったご家庭の場合、電気料金を大幅にカットできる可能性があります。

※出典:資源エネルギー庁「電力小売全面自由化の進捗状況」

Looopでんきは基本料金0円でお得!

全国でサービスを展開している「Looopでんき」は契約者数を順調に伸ばしてきました。経済産業省が発表している統計によると、大手の電力会社やガス会社・通信関連会社などの子会社ではない独立系新電力としては、発電実績が第一位となっています。

Looopでんきは基本料金が0円のシンプルでお得なプランを各種用意しています。再生可能エネルギーの普及にも貢献しているのも特徴です。電気料金の節約を検討しているのなら、どのくらいコストを抑えられるのかぜひ一度シミュレーションしてみてください。

電気料金がいくら安くなるかシミュレーションしてみる

おすすめ記事

PAGE TOP