簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

電気代を節約する方法は?契約の見直しや少しの工夫で大幅ダウン!?

  • 公開日:2021年3月25日
  • 執筆者:Looop編集部

電卓とコンセント 電卓とコンセント

毎月の請求書を見るたびに「電気料金が高くなったな」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

毎月の電気代を安くするためには、契約や電気料金プランの見直し、電化製品の使い方を工夫するなどさまざまな対処法があります。

この記事では電気代を安くするための方法や日々の生活で押さえておきたい節約法などを紹介します。また、対処法ごとに電気料金はどれくらい下げられる可能性があるのか、といった気になる点についても詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

電気代が高い?まずは契約内容とプランを確認しよう

電卓を使ってノートをとる女性 電卓を使ってノートをとる女性

電気代の請求書を見るたびに「高い」「もっと安くできないか」と感じている方は、節電対策をする前に電気の契約状況について確認しておくことが必要です。

今の契約内容を確認するには、毎月届く請求書や検針票(電気ご使用量のお知らせ)を用意しましょう。
電気料金プランや契約アンペア数は、電力会社のWebサイトのマイページなどからも確認できます。

契約内容が今のライフスタイルに合っているかを確認することで、電気料金を下げられる可能性があります。

電気料金プラン

まず、現在契約している電力会社の電気料金プランが現在のライフスタイルに適しているのかを確認しましょう。

2016年から始まった電力自由化により電力会社同士の競争が活性化し、電気料金プランやサービスの種類が飛躍的に増えました。時間帯で異なる料金プランやライフスタイルに沿うようなプランもあるので、ご家庭のニーズに合わせて選ぶことが可能です。

昨今ではWeb上で複数の電力会社を比較することや、詳しいシミュレーションなども簡単にできるようになっています。
電力会社の比較サイトを利用すれば、プランの種類が多いためにどれにすればよいのか分からず迷うようなことも少なくなります。

電気料金プランを見直す際には、インターネットで手軽に比較できるサービスを活用して、気になる電力会社があれば料金シミュレーションをしてみましょう。

契約アンペア数

電気料金プランのベースとなる「契約アンペア数」とは、ご家庭で同時に使える電気量のことを言います。現在の契約アンペア数は毎月の請求書などで確認できますが、請求書が手元にない場合は屋内のブレーカーにも記載があるので確認しておきましょう。

アンペア数が多くなるほど電気代の基本料も高くなるため、必要以上のアンペア数で契約していれば契約を変更するのがおすすめです。

契約しているアンペア数が今の使用状況に合っているのかを確認し、引き下げても生活に支障が出ないようであれば変更すると月々の基本料金が安くなります。
電化製品のワット数(W数)を100で割ると大体のアンペア数になるので同時に使うものを合計するといいでしょう。

仮に、10A引き下げた場合、契約アンペア数の変更により1カ月に200~300円程度安くなる可能性があります。ただし、アンペア数を下げた後は、ブレーカーが落ちないように一度に使う電化製品を意識するといった注意が必要です。

世帯人数における一般的なアンペア数は以下の通りです。

世帯人数に置ける一般的なアンペア数(目安)
世帯人数 アンペア数(A)
1〜2人世帯 30A
3人世帯 40A
4人世帯、エアコンなど消費電力の高い電化製品を使う世帯 50A
人数の多い世帯、一日中消費電力の高い電化製品を使う世帯 60A
オール電化住宅など 60A以上

省エネ家電に買い替えて電気代を節約

契約している電気料金プランやアンペア数を確認したら、次に目を向けたいポイントは「省エネ家電」です。
ご家庭で買い替えを検討している電化製品があれば、最新技術が導入された省エネ家電にすると電気代がお得になります。

近年の電化製品は飛躍的に進化しているため、買い替えるだけでも毎月の電気代の節約につながるでしょう。長期的に使う電化製品は、待機電力だけでなく利用電力もより少なくなるよう製造されているものを選ぶようにしましょう。

電化製品の中でも特に利用頻度が高い、電気代が高いものを省エネ家電に買い替えるならより効果的に節約できます。
たとえば、エアコンや照明器具、冷蔵庫などがよく使われる代表的な電化製品です。

それぞれの電化製品を省エネタイプにすると、どれくらいの電気料金を節約できるのでしょうか。ここでは、おおよその目安を紹介します。

2005年製造と2020年製造のエアコンを比較したときには、製品にもよりますが8畳用で年間3,400円程度、20畳用なら26,400円程度節約できる可能性があります(※1)。

生活に欠かせない照明器具の場合は、家全体の照明を消費電力の少ないLEDに買い替えることがおすすめです。たとえば、4LDKのすべての部屋を蛍光灯からLED照明に替えると、1カ月あたり1,230円程度、年間で14,800程度の電気代が抑えられます(※2)。

冷蔵庫では2010年製造と2020年製造の製品を比較すると、4人家族用500リットル程度の冷蔵庫で年間の電気代に6,600円程度の差があります(※3)。

省エネ家電に買い替えることで節約できる家電と金額の目安(年間)
電化製品の種類 比較対象 節約できる金額(年間)
エアコン 2005年製造 20畳用エアコン 26,400円
照明器具 蛍光灯 14,800円
冷蔵庫 2010年製造 500リットル程度の冷蔵庫 6,600円

※1 出典:エネチェンジ「10年前の古いエアコン、電気代は買い替えたほうがおトクになる?」より
※2 出典:エネチェンジ「LED照明に変えると電気代がどのくらいお得になるのか、実際の部屋で比較してみました」より
※3 出典:エネチェンジ「古い冷蔵庫の買い替えで電気代がいくらお得になるのか計算してみたら驚きの結果が!」より

このように、3つの電化製品を買い替えるだけでも年間で47,800円もの節約になります。電化製品によって買い替え目安の年数は異なりますが、5〜10年以上同じ電化製品を使っている方は省エネ家電への買い替えを検討してみるのがおすすめです。

電化製品の使い方を工夫して電気代を節約

現在使っている電化製品でも、毎日のちょっとした使い方の工夫で電気代の節約効果を上げることも可能です。

ここではエアコンや照明器具、テレビ、冷蔵庫を例に、それぞれの電化製品の使い方について説明します。また長期間使用する電化製品こまめに掃除をすることも節約につながることも押さえておきたいポイントです。

日ごろの手入れを含めた電気代を節約する方法をチェックしましょう。

エアコン

エアコンは設定された室温になるまでに最も電気を多く使います。そのため、電気代を節約しようとエアコンのオンオフを頻繁に行うのは、かえって電気を多く使い逆効果になります。
またエアコンを運転させている間は自動運転に設定しておくと、設定温度になった後は微風となるため節電効果が得られます。1〜2時間程度の短時間の外出ならエアコンはつけっぱなしが良いでしょう。

エアコンのフィルターを定期的に掃除することも重要です。エアコンの機能を維持するためには2週間に1回程度の清掃が目安とされ、こまめな清掃を続けると年間で860円の節約になる(※4)と言われています。

※4 出典:資源エネルギー庁ウェブサイト

照明器具

照明器具を買い換える目安は10年程度とされています。
現在の照明が白熱電球なら、交換する際にはLEDライトがおすすめです。LEDライトは電気代が安くなるうえに長寿命なので、交換までの時期が長くなりコストパフォーマンスも高まります。

照明器具の交換となる目安は、点灯までの時間が長い、異常音や臭いが発生する、両端の黒ずみなどが見られた場合です。
使っていない部屋の電気はこまめに消すことも節電につながるほか、リモコンでスイッチをオフにするよりも、壁のスイッチを切る方が待機電力を使いません。

テレビ

テレビも使い方を工夫すれば電気代を節約できます。
現在のテレビに省エネモードがある場合は活用しましょう。このほかテレビの画面は明るいほど消費電力は増えるため、明るさを調節したり画面のほこりを乾いた柔らかい布で定期的に拭いたりすることも効果的です。

またテレビを見ない時にはこまめに切り、長時間見ないのであれば主電源を切ることで待機電力をカットすることができます。買い替え時期がきているのであれば、省エネタイプの新しいテレビにするとより節電効果が得られるでしょう。

テレビの買い替え目安は液晶や有機ELなどのタイプによって異なりますが、おおよそ5〜10年程とされています。

冷蔵庫

冷蔵庫は1年中電源が入ったままの電化製品であるため、節電するには季節によって設定温度を変えることが効果的です。たとえば、食品が傷みにくい冬は設定温度を中または弱にすれば消費電力を減らせます。

また頻繁にドアを開閉しない、冷蔵室に食材を詰め込み過ぎないなどの工夫も電気代の節約につながるでしょう。

日常生活を工夫して電気代を節約

電卓とコンセントの写真 電卓とコンセントの写真

ここまで、契約状況の見直しや電化製品の消費電力について説明してきました。
電気代を節約するには、ほかにも断熱効果を高めたり待機電力を減らしたりすることも重要です。

ここでは日々の生活の中で意識しておきたい、電気代の節約につながるポイントを紹介します。

家の断熱対策を行う

「断熱」とは住宅の窓や壁などを通して室内の温度が変化するのを抑えることです。すでに断熱対策がされている住宅の場合は大丈夫ですが、築年数が古く外気温の影響を受けやすい住宅にお住まいの場合は、自分でできる断熱対策をしましょう。

冬には室内の熱の50%程が窓から逃げ、夏には部屋に入ってくる熱い外気の70%程が窓からであると言われています。そのため、エアコンや暖房機器の電気代を抑えるためには窓の断熱対策が重要です。

簡単にできる窓の断熱対策は、カーテンをしっかり選ぶことです。カーテンは厚地で少し長めのほうが隙間はできないため、より断熱効果が高くなります。また断熱効果の高い遮光カーテンなど、機能性を備えたものも多く販売されているため是非活用してみましょう。

カーテンのほかにも窓などに簡単に貼ることができる断熱シートもおすすめです。カーテンと断熱シートを併せて利用することで、より高い相乗効果も期待できます。

待機電力を減らす

「待機電力」とは、電化製品を使用していないときにコンセントにプラグを差している場合に流れる電力のことです。

微量の電力とはいえ、積み重なれば電気代に影響します。そのため使用していない電化製品のプラグは抜いておくことが大切ですが、しょっちゅうプラグを抜き差しするよりは、電源プラグについたスイッチで電化製品のオンオフの切替が個別にできる節電タップを利用する方法がおすすめです。
使う電化製品のスイッチだけを入れればよく、オフにすれば待機電力は流れません。

また、最新の電化製品は利用する際の消費電力だけでなく待機電力も少ない省エネタイプが増えています。旧型の電化製品は待機電力の消費量も大きい設計になっているものもあるため、買い替えの時期であれば待機電力の少ない最新の電化製品を選ぶとより節電できるでしょう。

電気料金プランを変更して電気代を節約

電化製品の電気代を節約する方法はいくつもありますが、根本的に電気代を下げるなら電気料金プランを見直すのがおすすめです。

2016年の電力自由化によって、消費者は電力会社を自由に選べるようになりました。電力会社間の競争意識が高まったことで、多様なニーズに合わせてさまざまな料金プランやサービスが選べるようになっています。

思い切って電力会社や電気料金プランの乗り換えを検討してみるのも良いでしょう。

さらにガスも自由化されたことより、電気だけでなくガスと電気を組み合わせたプランも提供できるようになりました。さまざまな電気料金プランがあるので、ご家庭のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

電気料金プランを見直すと、どれくらい節約できるのか気になる方は多いことでしょう。豊富なプランがあるのは良いことですが、比較するのに時間がかかると考えて見直しすることをためらう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実際にはWeb上でプランの見積りができるため、今よりもどのくらい節約できるのかを簡単に比較することができます。電気料金プランやサービスを選ぶ際には、料金プランが分かりやすいことに加え、環境に優しい再生可能エネルギーの普及を目指している会社であることもポイントにするのがおすすめです。

おすすめの電力会社は?

電気料金を節約したい方におすすめの電力会社は、基本料金が0円の「Looopでんき」です。Looopでんきの料金プランは「基本料金0円、使った電力分の料金のみ」というシンプルさが大きな魅力です。
また、関東エリアの女性が選ぶ電力会社についてのアンケートでも価格・サービスともに1位という高い満足度を獲得(※5)しています。

このような結果からも、Looopでんきのお得さやサービスの質の高さがわかることでしょう。

例えば3人世帯で東京電力(従量電灯B 40A 520kWh/月)と比べると、毎月の電気代が1,293円安くなり、年間にすると約16,000円もお得です。

東京電力からLooopでんきへ乗り換えた場合、約1,293円 / 月お得に! 東京電力からLooopでんきへ乗り換えた場合、約1,293円 / 月お得に!

基本料金がかからないだけでも魅力的ですが、ガスと組み合わせるセット割引プランなど、さらにお得になる料金メニューも多くあります。ご家庭向けのプランのほかにも、事務所や商店、飲食店など電気をたくさん使う方向けのプラン(ビジネスプラン)もあり、選択肢の幅が広いのも特徴です。

Looopでんきの分かりやすい料金プランと現在契約している電気料金を比較して、今よりも電気代がどれくらい安くなるのかを確認してみましょう。

※5 出典:LIVINGくらしナビ「【ウーマンリサーチ♯34】関東エリアの女性が選ぶ「新電力」ランキング」より

まとめ

毎月の電気代は、電化製品の買い替えや使い方などを工夫することで節約できますが、さらに電気料金を安くするには電力会社ごとのプランを比較し、よりお得な電力会社・電気料金プランに乗り換える方法が効果的です。

電力会社を乗り換えるなら、基本料金が0円の「Looopでんき」がおすすめです。Looopでんきの「おうちプラン」は、アンペア数によって基本料金が変わるような複雑な契約プランではありません。

Looopでんきはお得で分かりやすく顧客満足度の高い電気料金プランを提供しています。まずはLooopでんきのシミュレーションでどれくらい安くなるのかを確認することをおすすめします。
電気料金がいくら安くなるかシミュレーションしてみる

おすすめ記事

PAGE TOP