株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、千葉県銚子市(市長:越川 信一、以下 銚子市)および株式会社エックス都市研究所(本社:東京都豊島区、代表取締役 内藤 弘、以下 エックス都市研究所)と、エネルギーの地産地消を目指した銚子新電力株式会社の共同設立に関する基本協定を締結し、5月23日に協定書への調印式を行いました。

【事業背景】
銚子市には、日射量が多く風況がよいという地域特性から、太陽光や風力といった再生可能エネルギー発電設備が数多く設置されています。また、日本一の水揚げ高(2017年度実績)を誇る銚子漁港を擁し水産業が盛んな地域でもあり、市内には水産加工業関連の工場や冷凍倉庫なども多く存在しています。そのため、水産関連事業者の電力消費量が多く、銚子市としては、エネルギーコストへの課題感を抱いておりました。
その課題を解決し、さらに地域活性化へとつなげていくための取り組みとして、この度、銚子新電力株式会社を立ち上げることとなりました。
銚子市の特性を活かしたエネルギーの地産地消、効率的なエネルギーマネジメントシステムの構築、銚子市の地場産業の活性化や地域居住者のためのサービス開発なども視野に入れた事業展開を、今後検討していく予定です。

【両者のコメント】
●Looop代表取締役社長 CEO 中村創一郎
このたび、銚子市及び株式会社エックス都市研究所とともに、銚子新電力株式会社の共同設立に関する基本協定を締結いたしました。
銚子漁港は、7年連続で水揚げ量全国1位となった、名実ともに日本一の港です。日本の食卓を支えている世界に誇れる港です。「電力と漁港」は一見すると関係ないように思えますが、新鮮な魚を届けていくためには冷蔵・冷凍保存等に多量の電力が必要で、とても密接につながっています。
再生可能エネルギーを活用して銚子市のインフラを支えていくとともに、日本中に銚子市の魅力を発信していけるような新電力会社にしていきたいと考えています。

●銚子市・越川信一 市長
このたび、株式会社Looop及び株式会社エックス都市研究所とともに、銚子新電力株式会社の共同設立に関する基本協定を締結いたしました。
日射量・風況ともに恵まれた銚子市の自然環境を活かして、再生可能エネルギーの地産地消の取組などを通じた地域活性化や地元への還元策の構築を事業パートナーとともに目指してまいります。
皆さまのご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Looop  Looopでんきコンタクトセンター
お電話でのお問い合せ:0120-707-454(年中無休 9:00~20:00)
HPからのお問い合せ:お問い合わせフォーム