簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

簡単お申込みで電気代を今より安く!Looopでんき・料金シミュレーション

引越し費用はいくらかかる?費用の相場と安く抑える方法

  • 公開日:2021年08月31日
  • 執筆者:Looop編集部

電卓を持って顎に人差し指を当て悩んでいる女性の写真 電卓を持って顎に人差し指を当て悩んでいる女性の写真

引越しを考えるとき、まず気になるのは費用だという方も多いのではないでしょうか。引越しにかかる費用は荷物の量や移動距離だけでなく、引越しの時期によっても変動します。

費用をできるだけ抑えるためには、引越しの価格相場について知っておくことが重要です。そこでこの記事では、引越し費用の内訳や業者選びのポイント、時期に応じたそれぞれの価格相場について解説します。

引越し費用が一番安くなる時期や、費用を抑えるコツなども紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

引越し料金は時期によって異なる

引越しにかかる費用は、業者や賃貸物件に依頼が集中する繁忙期とそれ以外の時期で異なります。ここでは、引越し料金がいつ高くなるのか、反対に安くなるのはいつなのか詳しく見ていきましょう。

引越し料金が高い時期

引越し料金が1年のうちで最も高くなるのは2月~4月です。進学や就職、あるいは転勤など、新生活をスタートする方の依頼が殺到するこの時期には、引越し業者だけでなく不動産の仲介業者の需要も高くなります。中でも3月と4月は繁忙期なので、この時期に引越しをしたいときは早めに依頼をしないと希望の日時の引越しがかなわないことも。

なお、売り手市場となる繁忙期は引越し業者の価格だけでなく、賃貸物件の契約費用も上昇する傾向にあります。そのため、この時期の引越しはほかのシーズンに比べて全体の費用が高くなる傾向にあります。引越し業者や家賃など、価格の交渉に応じてもらいにくいのもこの時期のデメリットです。

どうしても2月~4月に引越さなければならない事情が無い限りこの時期は避け、5月~1月に日取りをずらすのも引越し費用を抑える方法の1つです。

引越し料金が安い時期

引越しの繁忙期を過ぎた5月から1月までは通常期と呼ばれ、依頼の数が相対的に少なくなるため、繁忙期よりも比較的安い価格で引越しができます。その中でも引越し業者の価格が1年のうちで最も安くなるのは12月~1月の年末年始です。

また、賃貸物件の初期費用や家賃が下がりやすいのは、最閑散期の8月。敷金や礼金の設定も低く、家賃の値下げ交渉にも応じてもらいやすくなります。

引越し業者や賃貸物件の仲介業者の通常期や閑散期をおさえておくことで、引越しを比較的安く行うことができます。引越しの計画を立てる際には覚えておきましょう。

引越しの費用相場

豚の貯金箱と1万円札の写真 豚の貯金箱と1万円札の写真

引越しのおおまかな繁忙期と閑散期を把握できたところで、今度は具体的な費用について理解していきましょう。ここからは、それぞれの時期の引越し費用の価格相場について説明します。

繁忙期(2月〜4月)の場合

公益社団法人全日本トラック協会によると、2021年の引越し最繁忙期は3月20日~4月4日(※1)。毎年訪れる繁忙期の中でも、特に依頼が集中するのが3月下旬~4月上旬になります。引越しにかかる費用もこの時期が一番高くなり、希望日に予約することも難しくなるので注意が必要です。

例えば同じ3月でも、上旬と下旬では見積もりの際に提示される料金が異なることがあります。繁忙期に引越しをせざるを得ない場合でも、最繁忙期を外して日取りを設定すれば少しでも価格が抑えられる可能性があるので覚えておきましょう。

繁忙期の引越し 平均価格表(※2)
単身
(荷物小)
単身
(荷物大)
2人家族 3人家族 4人家族 5人家族
同市区町村内程度 43,345円 60,345円 80,102円 126,183円 124,868円 147,640円
同都道府県内程度 48,185円 64,482円 91,143円 101,686円 146,506円 189,562円
同一地方程度 52,947円 85,159円 121,706円 116,574円 183,728円 246,596円
近隣地方程度 63,093円 103,965円 156,160円 146,898円 249,666円 344,867円
遠距離地方程度 73,859円 123,894円 218,563円 194,593円 313,002円 366,062円
総平均価格 53,610円 77,644円 101,377円 276,391円 160,128円 209,093円

※1 出典:公益社団法人全日本トラック協会|令和3年 引越繁忙期 ~分散引越にご協力をお願いします~
※2 出典:引っ越し見積もり比較サイト SUUMO|引越し費用・料金の相場

通常期(5月〜1月)の場合

5月~1月は依頼が落ち着く傾向にあるので、繁忙期よりは比較的安く引越しができる時期です。単身者の場合、引越し繁忙期の平均費用が5万円~7万円弱なのに対し、通常期は4万円~6万円ほどに抑えられます。

また、繁忙期に比べて業者の手があいているため、希望の日時に予約を取りやすいのも通常期の引越しのメリットです。

引越しのスケジュールを自分で決められる場合は、下記の料金比較表を参考に引越しの時期を検討してみてください。

引越しの平均費用 月別比較表(※3)
単身(荷物小) 単身(荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族
1月 47,189円 64,776円 75,567円 93,538円 124,574円
2月 48,617円 62,694円 83,686円 100,637円 129,057円
3月 58,168円 87,643円 118,811円 153,053円 188,056円
4月 55,010円 81,943円 108,299円 127,782円 161,086円
5月 50,365円 66,955円 84,425円 104,215円 131,126円
6月 50,193円 63,121円 83,135円 97,903円 119,801円
7月 48,053円 67,773円 77,581円 104,334円 135,284円
8月 45,746円 58,447円 81,582円 93,941円 134,292円
9月 49,332円 59,896円 79,931円 100,672円 123,822円
10月 45,989円 62,489円 81,126円 101,707円 126,909円
11月 47,022円 56,935円 75,841円 109,692円 120,526円
12月 45,033円 64,202円 79,993円 98,735円 123,888円

※3 出典:引っ越し見積もり比較サイト SUUMO|引越し見積もり料金が一番安くなる時期を徹底調査。月別料金データと引越し代を安くするコツ

引越しをする曜日や時間帯でも相場は変わる

引越しの費用を左右するのは季節だけではありません。平日、土日祝日など曜日に加え、時間帯によっても引越し費用の相場が変わる場合があります。
単身者や近距離での引越しでは大幅に金額が変わることはありませんが、世帯人数が多いご家庭が遠距離に引越す場合などでは10万円以上の差が生じることも。例えば、5月のゴールデンウィークや8月のお盆休み、9月のシルバーウィークなど長期休暇には大所帯の引越しの需要が増えるため、祝日の引越し料金が高く設定される傾向にあります。

引越しの日取りを決める際には曜日別の価格も見ておく必要があるでしょう。

また、引越しは午前中の時間が人気の時間帯のため、午後よりも価格が高い傾向にあります。

ここでは曜日や時間帯、世帯の規模、距離での料金比較表を作成したので、引越しを考えている方は参考にしてみてください。

曜日・距離別 引越し費用 相場比較表(※1)
距離 曜日 単身者(平均) 家族(平均)
同都道府県内 平日 40,465円 82,765円
土・日 40,930円 80,120円
祝日 40,030円 83,133円
他都道府県 平日 77,749円 152,586円
土・日 75,385円 151,921円
祝日 81,304円 186,000円

※1 出典:引越し侍|引越し費用は平日が安い?土日や祝日など休日の料金相場と徹底比較

時間帯別 引越し費用 相場比較表(※2)
時間帯 単身 家族
午前 69,138円 116,433円
正午~15時 64,365円 92,629円
午後15時以降 68,555円 91,331円

※2 出典:引越し侍|引越し費用の相場が安い時間帯はいつ?

引越し費用の構成要素

ここからは、引越し費用の詳しい内訳について解説していきます。価格の構成要素を把握して、オプションサービスなどを賢く選択できるようにしましょう。

基本運賃

基本運賃とは、引越し専用車を借りた際に発生する運賃のことです。国土交通省が定める「標準引越運送約款」に基づき、荷物の量や運んだ距離、移動時間に応じた基準価格が定められています。国が定めた基準に沿っているため、引越し業者によって基本運賃が大きく変わることは原則ありません。

基本運賃には時間制と距離制の2種類があります。時間制運賃は荷物を運ぶ距離が100km以内(※)の場合に適用され、荷物を運ぶためにかかった時間をもとに料金を算定します。作業時間は4時間以内と8時間以内でそれぞれ基準価格が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生する仕組みです。

ただし、時間制における4時間の料金は、基礎作業時間が午前中から午後にまたがらず4時間以内である場合にのみ適用されます。

距離制運賃は、荷物を運ぶ距離が100km以上の場合に適用され、荷物を運ぶ距離をもとに料金を算定します。ちなみに軽トラックを使用する「軽貨物運送業者」には別の基準が適用されます。
※出典:関東運輸局|引越しのモデル運賃・料金

実費

実費とは、引越しにかかった人件費や梱包資材費、有料道路の利用料などのことです。規定の項目で実際にかかった費用は実費として請求されます。

人件費は引越し作業を行うスタッフの人数と稼働時間に応じて発生する料金、梱包資材費はダンボールや緩衝材など、引越しの荷物の梱包に必要な資材にかかる料金のことです。荷物を運ぶトラックが高速道路や有料道路などを利用する際に発生した料金は交通費となります。

実費は引越し荷物の量や移動手段などによって大きく変わる項目です。

付帯サービス・オプションサービス

基本運賃・実費のほかに引越し費用を構成するものに付帯サービス・オプションサービス料金があります。

引越し業者が行う基本的な作業は「大物家具・家電の荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つ。これら以外の作業を依頼すると、付帯サービスまたはオプションサービスと呼ばれる費用が別途発生します。

主な付帯サービス・オプションサービスにはエアコンの取り外しや取り付け、ピアノなど特殊な荷物の搬出・搬入・運送、不用品処分やハウスクリーニングなどがあります。

特にピアノの運送は特殊作業料金と呼ばれ、別の専門業者が担当することもよくあるケースです。ピアノの種類や搬出・搬入方法によって細かく値段設定が分かれており、例えば階段を利用して作業員が運ぶ場合は階数に応じて価格が変わります。

引越し費用を安く抑える方法

COST DOWNと書かれた積み木の写真 COST DOWNと書かれた積み木の写真

なにかとかさむ引越し費用は、できれば抑えたいものです。ここからは、引越し費用を安く抑えるコツをお伝えします。

繁忙期・曜日・時間帯を考慮する

前述の通り、引越しの繁忙期や依頼が舞い込みやすい長期休暇、午前中の時間に費用が高くなりやすい傾向にあります。引越しの日時を決める際にはこれらの時期や時間帯を避ければ価格を抑えることができます。

引越し業者の多くは自社のWebサイトで料金が安くなる日や割引を記載したカレンダーを公開しているので、それらを参考に比較検討しても良いでしょう。

また、引越し業者はそれぞれリーズナブルな価格で利用できるお得なプランを提案しているので、ぜひとも活用したいところです。

相見積もりを取る

いくつかの業者に見積もりを依頼して比較検討することを相見積もりと呼びます。引越しだけでなく、サービスを利用する際に相見積もりを取るのは一般的な方法の1つです。

同じ条件でも業者によって価格が変わるため、引越しの費用をできるだけ抑えたいときには相見積もりは重要な手順です。また、他社の見積もりを提示することで料金の交渉に有利になるというメリットもあります。

荷造り・荷解きを自分で行う

荷造りや荷解きまで引越し業者が行ってくれるプランは、便利な反面、価格が高めに設定されています。引越しの費用を安く抑えたいなら、荷造りや荷解きといった自分でできる手間は惜しまず、業者には最低限の作業を任せるようにしましょう。

ただし、自分の作業量が増える分、引越し作業にかかる時間も増えるので、余裕を持って計画を立てるよう注意が必要です。

引越しを機に電力会社を見直してみよう

引越しの費用は時期や時間、荷物の量や作業内容などさまざまな要素で構成されており、価格が変動しやすいのが特徴です。引越しの費用を安く抑えるためには費用の内訳を把握し、引越し業者を賢く利用することが大切です。

引越しではライフラインの切り替えが必要です。電気、ガス、水道と手続きを踏まないといけません。その機会に切り替えてみませんか。Looopでんきは、基本料金0円で電気を使った分だけ料金を支払う納得のシステムで、切替費用や工事は不要になります。また、オール電化住宅向けのスマートタイムプランをはじめ、世帯の規模やライフスタイルに合わせたさまざまな料金プランをご用意しています。

Looopでんきの料金プランをチェック

まずは、簡単シミュレーションで乗り換え後にどれくらい電気料金が安くなるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

電気料金がいくら安くなるかシミュレーションしてみる

おすすめ記事

PAGE TOP